カテゴリ一覧 > 羽毛布団 > ルマン > 増量

布屋商店オリジナル / 幸せを紡ぐ伝統の羽毛布団

水鳥のバージン羽毛からつくられた羽毛布団。

ブルガリアのトラキア地方には、圧倒的な自然のなかで大きく育った羽毛があります。 古来より伝わる洗浄技術に由来する加工方法が、 羽毛への機械の摩擦を減らし、ダウンを良質に仕上げています。 恵まれた環境と気候条件のブルガリア。そのブルガリアで飼育されたホワイトダックから取れる羽毛は、ダウンがとても丈夫で小羽枝を多く持っています そのため、空気を含んだ小さな空間をたくさんもつことになるため、保温性、断熱性、弾力性に富んだ素晴らしい品質のものとなります。
中わたを、このブルガリア・トラキア地方で育った水鳥から採取された羽毛を使用。輸入された羽毛は、国内で丁寧に洗浄を行ったのち、製造メーカーのもとでダウン比率、かさ高等の厳しい検査の上、基準に合格したもののみを採用します。さらに、破砕羽毛や廃羽毛、一度製品となった羽毛を回収して精製される再生羽毛などは一切混入しておりません。純粋なバージン羽毛のみでつくられた布団は、驚くほどふっくらと優しく、身体を包み込んでくれます。

羽毛布団

名  称:ルマン
製  造:日本
羽毛産地:ブルガリア産
羽毛種類:ホワイトダックダウン
羽毛比率:93%





超長綿で作った側生地で、肌触り良くしなやか。

日本の羽毛布団の生地には羽毛の吹き出しを防止するための特殊な熱処理が施されています。それによって生地が擦れるたび、ガサガサと強い摩擦音が発生しますが、その音が寝返りのたびに気になって落ち着かない、と羽毛布団を嫌厭される方もいらっしゃいます。しかしながらそれは、良質な側生地を使うことで解決できるのです。
本製品は、超長綿の"60番手サテン"生地を側生地として使用することで、羽毛布団の"ガサガサ音"を軽減しています。超長綿は60番手(※糸の太さを表す単位)以上の繊維長が長い綿を指し、羽毛布団の側生地として相性が良いとされます。超長綿で作った側生地は肌触りが良くしなやかで、光沢感のある美しい仕上がりとなるのです。





   

使用している羽毛は
水鳥のバージン羽毛のみ。

水鳥のバージン羽毛のみを使用 本製品に使用されている羽毛は、水鳥のバージン羽毛を使用しており、玉砕羽毛、摩擦、再生羽毛等は一切使用しておりません。
一つ一つのダウンボールがとても大きく、たくさん空気を含み弾力性・保温性に優れています。純粋なバージン羽毛のみでつくられた布団は、驚くほどふっくらと優しく、身体を包み込んでくれます。

 

抜群の保温力をもたらす
二層式羽毛掛布団。

キルティングは、羽毛の良さを引き出す大事な要素のひとつ。本製品は、お布団の中に布を1枚入れてキルトを上下に分け、さらに上下でマス目の位置を互い違いに作っています。
これにより、キルティングの谷間(羽毛のない部分)をなくし、身体へのフィット感が向上します。
また、空気を含む部屋(マス)が増えるため、羽毛の保温力をより高めることができます。

 

厳しく管理して作られる
安心の製造工程。

洗浄、検査を経た羽毛は熱処理によって殺菌パワーアップ加工を行います。その後、キルトされた側生地の1マスごとにコンピュータ-制御によってしっかりと羽毛充填していき、吹き込み口を縫製して塞ぎます。最終工程として、お布団は必ず検針器を通し、折れた針の一部や金属などの異物が混入していないか確認します。最後は人の手により縫製や不良箇所がないか入念にチェックし、仕上げをしています。





 
カラー 以下の2色から側生地の色をお選び頂けます。※柄は同じとなります。

<ブルー>
ペイズリー(勾玉柄)を基調とした柄はダマスク柄のような複雑な模様が繰り返されるデザイン。
地色は低彩度のブルー色を用いています。ブルーは男女ともに広く人気のあるお色で、自然な水や空を連想し、無意識に落ち着ける色合いとなっています。

<ピンク>
低彩度の赤に近いピンク色を基調としたペイズリー柄。
一般的な赤やピンクは明るく活動的なイメージのあるお色ですが、彩度を下げ、細やかな模様を施すことで、上品な大人の雰囲気を感じさせる、優雅でバランスの取れた趣きとなっています。

5 件中 1-5 件表示 







5 件中 1-5 件表示