カテゴリ一覧 > 羽毛布団 > モアレ > 2枚合わせ

布屋商店オリジナル / 幸せを紡ぐ伝統の羽毛布団

水鳥のバージン羽毛からつくられた羽毛布団。

ポーランド産の羽毛はその品質の高さから世界最高級品質と認められています。中わたを、ポーランドの大地で育った水鳥から採取された羽毛を使用。輸入された羽毛は、国内で丁寧に洗浄を行ったのち、製造メーカーのもとでダウン比率、かさ高等の厳しい検査の上、基準に合格したもののみを採用します。さらに、破砕羽毛や廃羽毛、一度製品となった羽毛を回収して精製される再生羽毛などは一切混入しておりません。純粋なバージン羽毛のみでつくられた布団は、驚くほどふっくらと優しく、身体を包み込んでくれます。

2枚合わせ羽毛布団

名  称:モアレ
製  造:日本
羽毛産地:ポーランド産
羽毛種類:ホワイトマザーグースダウン
羽毛比率:93%





もっと羽毛が身体に寄り添うために、工夫されたカタチ。

羽毛布団のキルティングは、羽毛の良さを引き出す大事な要素のひとつ。本製品のキルティングは、高い保温性とフィット感を生み出す"ツインキルト"が、さらに身体に寄り添うよう工夫されて作られた"ツインフィットキルト"です。通常のツインキルトはお布団の中に布を1枚入れてキルトを上下層に分け、さらに上下でマス目の位置をずらし、互い違いに作っています。これにより、キルティングの谷間(羽毛のない部分)をなくし、羽毛の保温力と身体へのフィット感を向上させています。"ツインフィットキルト"は前述の"ツインキルト"の特徴はそのままに、下層キルトのマスをより身体にぴったりフィットするよう変化させ、さらに襟元・足元に羽毛をほどよく増やすことで、温めた熱を逃がさないよう作られています。

側  地:綿100%
     100番手×140番手
製品保証:お買い上げから1年保証
■番手とは:糸の太さを表す単位のことで、
      こちらは一定の重さあたりの長さ
      を示します。





   

使用している羽毛は
水鳥のバージン羽毛のみ。

水鳥のバージン羽毛のみを使用 本製品に使用されている羽毛は、水鳥のバージン羽毛を使用しており、玉砕羽毛、摩擦、再生羽毛等は一切使用しておりません。
一つ一つのダウンボールがとても大きく、たくさん空気を含み弾力性・保温性に優れています。純粋なバージン羽毛のみでつくられた布団は、驚くほどふっくらと優しく、身体を包み込んでくれます。

 

羽毛布団と相性の良い
超長綿を側生地に使用。

側生地には、羽毛布団と相性の良い超長綿を使用しています。
さらにこちらは、超長綿の中でも特に高品質な100番手と140番手の細く繊細な綿糸から作られており、羽毛布団の側生地としては最高級の生地となります。
美しい光沢と、しなやかな肌触りをどうぞお楽しみ下さい。

 

厳しく管理して作られる
安心の製造工程。

洗浄、検査を経た羽毛は熱処理によって殺菌パワーアップ加工を行います。その後、キルトされた側生地の1マスごとにコンピュータ-制御によってしっかりと羽毛充填していき、吹き込み口を縫製して塞ぎます。最終工程として、お布団は必ず検針器を通し、折れた針の一部や金属などの異物が混入していないか確認します。最後は人の手により縫製や不良箇所がないか入念にチェックし、仕上げをしています。





オールシーズン対応。夏でも冬でも快適。

2枚合わせの羽毛布団は、季節によって使い分けができるお布団です。
薄手の肌掛けと中厚の合掛けをスナップで留めて使えるお布団なので、1枚ずつ使うこともでき、経済的で収納場所も取らず、便利で1年中いつでも快適です。
春と秋は合掛け布団1枚で、夏は肌掛け布団1枚。冬は2枚合わせでお使いいただけます。





アフターサービスも万全。

寝具専門店 布屋商店では、当商品をご購入してから1年後に無償でアフターサービスをさせていただいております。
お買い上げいただいた羽毛布団を、特殊なマシンで抗菌・消臭・ふんわり乾燥をしてリフレッシュさせていただきます。 秋冬の時期から気持ちよくお使いいただけるためには、夏場にこちらのサービスをご利用いただくことをお薦めいたします。
ずっと長くお付き合いさせていただきたいから心地よく眠れるように、羽毛布団のアフターサービスどうぞご利用くださいませ。





 
カラー 以下の2色から側生地の色をお選び頂けます。※柄は同じとなります。

<ブルー>
目を引く大輪の花模様により、賑やかさが演出されています。それでいて華美な印象になり過ぎないよう全体の彩度は低く、穏やかで優しい色彩に落ち着いています。こちらは地色のブルーを暗めにし、花模様で明るさを加えています。

<ピンク>
こちらはピンク色。女性的な印象のある花柄とピンク色の組み合わせですが、こちらも地色を暗めにし、明度の高い花柄にすることで優しい色合いを演出しています。花柄を大きく、彩度を低くすることで、子供っぽさのない、上品な大人らしさが感じられます。

5 件中 1-5 件表示 







5 件中 1-5 件表示